ACROSS THE SEA -ふらフラふ~らふらハワイ発見記-

前世は大航海野郎??…ただいまハワイ島上陸3年目。Aloha kākou :D

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011. 12. 05

Makaliʻi その②

金曜から土曜にかけて、今度は泊まりで
ドライドック中のカヌーMakaliʻi号の作業お手伝いです。

いかにもワイメアな気候を抜けて再びKawaihaeへ。
DSC03713.jpg

11月の初めに停泊中のカヌーに行きました。→1回目の様子。

今回は翌朝早くから作業開始だったので前日夕方からキャンプ。

夕暮れ時、自然の観察法についてレクチャー。
DSC03715.jpg

ディナーのあとには床に描かれてあるスターコンパスを使ったレクチャー。
DSC03717.jpg

女子は建物のロフト部分で雑魚寝ですが、私は車で就寝。

翌朝5時半起床。まっくら。

太陽、雲、風、波、月、それらの方向、色、におい、そして動物、…周囲の環境の変化を事細かに注意深く観察すべし!という指令があったので色々観察しながら夜明けを迎えました。
DSC03730.jpg
でもその頃には既に沢山のフィッシャーマンが岸壁から釣ってます。
朝はやっ。


肝心の本船はどこにあるのかおわかりですか?
キャンプ場の真横にあるんです~。
DSC03733.jpg
夜明けの図。

朝食後はグループごとにそれぞれが与えられた仕事をこなしました。
作りはほぼ木、ロープな訳で、本体以外は全て解体されてメンテナンスするのですね。

マストを張るのに必要なBoomと呼ばれる部分にやすりかけたり。
DSC03737.jpg

デッキに上がって作業したり。
DSC03738.jpg

テンダーボート(に使うんだと思う。)の掃除。
DSC03740.jpg

21人が作業を手伝った結果、クルーの人たちだけでは何日も何十日もかかってしまうところ5時間で終了。すごいことです。

「実際に乗っていなくても携わってくれた人みんなを乗せてセーリングするから。」
とアンクルは言っていた。

なんだか嬉しいね。ロマンだね。

最後にクルーのメンバー手伝いたければいつでもこい。
みんな戻ってこい。

と何度も私たちに言ってくれた。
でも心に残ったのはこの台詞。

「ここに来たからにはその時間を全てカヌーへ集中しなくてはならない。作業してても他に考える事があるならそっちへゆけ。それがあなたの道だ。」

まだ授業フィールドトリップで来てるくらいだから厳しい事は言われないけれど本気でやるとなったら当たり前の事です。カヌーに携わる事以外の目的もある子はすぐわかりますからね~。ま、若いからいいやねw

DSC03744.jpg

次は2月4日。

私はきっと戻ります。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://sirena1225.blog3.fc2.com/tb.php/257-1c12a365

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Hula girls♪

 

QRコード

QR
 

Tropical Fish

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
81484位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21657位
アクセスランキングを見る>>
 

ブログ村

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。