ACROSS THE SEA -ふらフラふ~らふらハワイ発見記-

前世は大航海野郎??…ただいまハワイ島上陸3年目。Aloha kākou :D

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011. 04. 06

最東端。

この前の土曜日はハワイ語のクラスのHuakaʻi=field tripがありました。

第一の目的はハワイ島の最東端 Kumukahi にサンライズを見に行くこと。
そこでチャントを唱える。

集合時間5時半。えっ! 
ピックアップしてくれるといったクラスメートとの待ち合わせ。
4時15分。えぇぇぇッ!!!
というわけで3時起床。
ちーーーーーーん。・・・ルームメイトはその時間に帰ってきましたヨ・笑

一番最初に太陽が見えるKumukahi。
そんな場所ですから昔から色んな言い伝えがあるにきまってます。
だからいくのです。
Hawaiian Thinkingでは自然のものにも全ていわれがあります。
神聖な場所に限らず、名前には全て意味、背景があるのです。
そして自然のものでも男性イメージを持つもの女性イメージを持つものが存在する。
男と女、昼と夜、山と海…色んな対照があってバランスがキープされているというのもハワイの考え方の1つ。


DSC01924.jpg

ここにはHaʻe haʻeと呼ばれる2つの岩があって↑、時期によってズレはしますがそのちょうどど真ん中から太陽が昇るといわれています。

kumukahi自体は男性イメージでそこに毎日あがる太陽を通して彼の4人の妻の姿が表わされます。
その1人がHaʻe haʻe
その他は目に見えるものとしては存在しないけれど、
arrival of the sunを意味するHikinaakalā
keep balanceを表すHanakaulua
太陽が水平線から離れて形になる、あの瞬間を表すMakanoni

こう自然でありながら一人称でよばれたり、形のあるものないものに魂・名前があったり、それらの相互関係に人間のあるべき姿を重ねていたり、頭ではなんとなく理解しても説明するとなると難しい。

DSC01926.jpg

DSC01928.jpg


同じようなことが山にもあって。
マウナケアの頂上は男性。
その回りにあるクレーターは女性とされています。

それはまた今度。

その後はホットポンドで有名なPohoikiにいったり
DSC01936.jpg
(日本の温泉と思っちゃーぬるいで。)

このあたりの海岸線はこんな様子。
DSC01948.jpg

ボッカリあいたクレーターを見に行ったり。
(といっても月面のようなんじゃなくてね、もう緑が生い茂っているから。)
DSC01957.jpg


クラスメートのアンティのおうちにみんなでいってBBQして庭の池(!)で遊んで持ち寄りのご飯を食べまくり、目の前の海で泳ぎ…
DSC01959.jpg
自宅のラナイからこの景色って贅沢すぎるーっ!!


まぁどこまでをお勉強というのかはつっこまないでください。
ここの文化は自然を肌で感じて、仲間と同じ時を共有することが何よりも素晴らしいことなのです。たぶん。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://sirena1225.blog3.fc2.com/tb.php/127-9bbefc1a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

Hula girls♪

 

QRコード

QR
 

Tropical Fish

 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
92346位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23929位
アクセスランキングを見る>>
 

ブログ村

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。